カードローンには必ず審査があります。その審査に通るための明確な条件は開示されていません。しかしある程度の傾向はあるものです。

信用情報に傷はないのか

審査では、さまざまな情報がチェックされます。年収や住んでいる場所(持ち家か賃貸なのか)などが代表的ですが、一番重要なのは信用情報に傷がないのかです。この信用情報は信用情報機関によって管理・共有されています。登録されている期間に限度はありますが、5〜10年は情報が残り続けるものだと考えてください。

過去にお金のことで何らかのトラブルを起こした人の場合、この信用情報機関に情報が残ります。その情報が審査段階で参照されたら、その人は信用できない人だと判断されてしまうのです。例えば返済で一定回数の遅延を起こしたことがある人や、自己破産などの債務整理をしている人がこれに当たります。

信用情報に傷がないけど審査で落ちるのはなぜか

トラブルを起こしたことがないのに、なぜか審査に落ちるケースがあります。そういう人は信用情報に何の履歴も残っていないことが原因です。借金の返済や、クレジットカードの支払いをしっかりとできているなどの実績があるからこそ信用されます。しかしその信用情報が真っ白の状態だと、本当に信用できるのかと判断に困ってしまうのです。

情報がホワイトな人の場合でも、基準が厳しいカードローンの審査に通らないことがあります。この問題を解決するためには、審査が甘いクレジットカードや携帯電話の割賦などで信用情報を蓄積していく必要があります。

審査はカードローンによって異なりますが、一番重要な部分は信用情報です。なかなか審査に通らないときは、まずここに問題がないのかを確認し、その上でほかに問題がないのかを確認してください。一見極端な考え方ですが、自分の信用情報に問題があるのかを把握していない人は、意外なほど多いのです。

メニュー