カードローンを返済するときには、どうしても利息のことが気になってきます。あらかじめ設定されている金利に合わせて分割で返済をする以上、利息を払うことは避けられません。この利息を少しでも抑える方法が、繰り上げ返済です。

無理をした返済プランに要注意

短期間でお金を返すことができるなら、利息を支払うことで発生する損失を小さくできます。そしてカードローン会社では、そのための繰り上げ返済という仕組みがあるのです。

毎月3万円返済をしているところを、今月は余裕があるから5万円。このように、そのときの経済状態に合わせて返済期間の短縮ができることはとても魅力的です。まとまったお金が入ったら一括返済にも応じてくれるので、意外と柔軟に対応をしてくれるサービスとなっています。

それなら少し無理をしても繰り上げ返済をたくさん活用しようと考える人もいますが、ひとつ注意してもらいたいことがあります。繰り上げ返済をしたところで、翌月は通常通りの返済をしなければならない点です。

そのときは余裕があって繰り上げ返済を選んでも、その後で大きな出費があると判明して、翌月の返済に支障を来すこともあります。そうなると、早期に返済をするつもりが遅延する月ができることで、余計なトラブルの原因になってしまうのです。

繰り上げ返済は確かに魅力的ですが、無理をしすぎないようにしてください。お金に余裕ができても、さらにその中で経済的な余裕を確保して、余剰分から返済をしていくことが重要なのです。

メニュー