カードローンは審査に通れば誰でも利用できるサービスです。ただし、その審査を受けるためにもいくつかの条件をクリアしている必要があります。ここではその条件のひとつである年齢制限について説明をしていきます。

カードローンを利用できる年齢は?

基本的にカードローンは、20歳以上から利用ができます。この年齢基準については法律で定められているものなので、どのカードローン会社でも共通です。

なぜ法律で定められているのでしょうか。細かく説明をすると、未成年は法律に絡む行為の決定権を与えられていない制限能力者とされているため、責任を取ることができません。これは保護者の同意書を用意したとしても覆らない決まり事と考えてください。

ちなみにクレジットカードの場合は18歳以上から作れますが、買い物をするためのクレジットカードとローン契約を結ぶことの違いによるものです。実際に18歳でクレジットカードを作れても、キャッシング枠は利用できません。

ここまでは下限年齢について説明をしましたが、もうひとつ上限年齢の問題があります。

法律によって定められている下限年齢とは異なり、上限年齢はカードローン会社によってバラバラです。ただし多くの場合は69歳までを上限としており、銀行系なら65歳という傾向にあります。基本的に65歳以上は厳しいと考えてください。

これは継続的に安定した収入を得られなくなる可能性があるため、この年齢で設定されています。年金の受給や高齢でも働いて収入を得ることはできますが、それでも貸したお金を回収できなくなるリスクが高くなるので、新規で申し込めないようになっているのです。

メニュー