いつも通りカードローンを利用しようとしたら、なぜか利用ができなくなっていた。このようなトラブルが起きることがあります。どうして利用ができなくなってしまうのでしょうか。

カードローンが利用停止になってしまう理由

普段からカードローンを利用している人は、しっかりと返済ができているのかどうかに注意をする必要があります。そして、その返済だけではなく総額が決められた限度額内で利用できているのかどうかについても注意をしてください。

カードローンを利用しているときに総量規制の上限を超えてしまうと、その人にはこれ以上お金を貸すことができないと判断されて利用停止になってしまいます。何らかの理由で年収が減ってしまった場合や、追加でお金を借りようとしたときにこの状態になってしまうケースがあるのです。

総量規制のチェックは契約時のみと勘違いしている人もいますが、実際には3か月に1回のペースで審査が行われています。そこで問題がなければ何も知らされることはありませんが、上限を超えそうになるとお金を借りられなくなってしまうのです。

しっかりと返済ができているのかどうかは、カードローン会社にとって重要なことです。もしも返済が滞っている状態でお金を借りようとしたら、利用停止措置を受けることになるので気をつけてください。

短期的な遅れなら、カード会社に連絡をすれば解除はしてもらえますが、長期的に滞っているなら利用停止が解除されないこともあります。

ほかにも住所や連絡先、勤務先が変わったにもかかわらず変更を届けていないと、登録情報に差異があるとして利用停止になることもあります。

メニュー